2003年 R-1

リザルト
Excelファイル(ラップチャートや総合順位)
アルバム

2003 CAMPUS OFFROAD MOTORCYCLE
IN OFFROAD VILLAGE

大変お疲れ様でした。きょうの成績に満足できましたか?オフロードヴィレッジから始まった今年のキャンオフは女性ライダーの活躍が目を引きました。レディースEDでも5台のエントリーとサポーターの女性の方を含めて20名ぐらい参加されていたみたいでレースに応援に会場内を駆け回る女性に目を細めていたのは私だけでしょうか??今回はOBの参加が少なかったので次回、OBの参加を心よりお待ち申し上げております。

スプリントA・B混走のレースでは今回初参加の#2 小林 雅裕選手( 湘南工科大学 YZ 125)が独走態勢で他を圧倒してのチェッカー。続く2位争いではCRF450を駆る#6 守田 倫郎選手( 大正大学 )が2位をキープし逃げ切りかと思いきやラスト2周で、#8 青木 勇人選手が( 東海大学 CR 125)が粘りの走りを見せてフィニッシュ後の2連ジャンプで前に出てそのままゴールとなる。3名の走りは実にお見事でした。

レディースの1HEDは20分経過時点までは今回初レースの#62川上 尚子選手( 女だからってナメんなよ・ 職業能力開発総合大学 セロー225)がトップを走るが、後ろからヒタヒタと確実な走りで #60 伊藤 あゆみ選手(58kg!目指せ40キロ台!・ 東京工芸大学 KX 80)が30分経過ぐらいで前に出てそのまま独走モードでチェッカーを受けた。2位には#53 茂木 佐知子選手(ツインリンク・ 東京工芸大学 KX 80) が入りうれしい表彰台をGET!勝沼ラウンドでリベンジを果たして欲しい。

ビギナーEDは#10 倉松 真也選手( 大正大学 YZ 250F)が 7周目からトップに躍り出て独走、その後を愛知大学の若武者 #38 野村・ 山下ペアー(Pirossi YZ 125)と同じく愛知大学 #32 伴 真聡選手( 鬼まんじゅうレーシング.コム CR 125R)が抜きぬかれつのバトルを展開し、野村・ 山下ペアーに軍配が上がった。今年の愛知大学は要注意かも・・・・

3HEDはOBがやっぱり早い。レースのほとんどの時間を引っ張ったのはWR 250Fを駆る#1 松本 祥孝・ 松本 光弘ペアー(マツモトブラザーズ参上 ・職業能力開発総合大学 )であったが転倒か?マシントラブルか?なんで?ってな感じで56周目に、伝統のチーム#27 つかこしZ (ゼット)河野 貴則 ・坪川 雄一ペアー(東海大学 KX 250)にあっさりかわされてしまった。いつもながらレース終盤でずっこけていただけるネタは、やっぱり能開大しか持っていないようです。さすがです。

エキスパートCには遠路はるばる大軍団で参戦してきた、#3 愛知大学 小松 遼平・ 中村 光晴ペアー(えいちゃんレーアイング ヤバッ KX 125)が総合3位で59周を走りきりクラス優勝に輝いた。2位には同大学# 38 野村 浩 ・山下 泰紀ペアー(Pirossi YZ 125)が入りワン・ツーフィニッシュで完結できたうれしい一日でした。3位には同周回数で #28 武蔵工業大学 神崎 雅也・ 松本 匡史ペアー(割れた肩甲骨 KX 125)が入った。

1周のみのサバイバルゲーム。ショートゲームズも20台近くのエントリーを集め大盛況。優勝はやっぱ、スプリントB優勝の小林選手でした。

次回はモトパーク勝沼です。アップダウンを楽しみにしてください。