2008年 R-3

08 R-8 WER / R-3 CAMOFF オフヴィレB

リザルト
トータルランキング

& R-3 CAM-OFF(スプリントバージョン) 併催

ご協賛各社(順不同敬称略)
(株)造形社 月刊ダートスポーツ・(株)ブリヂストン・ バッドボーイジャパン・
KBF-RS・(株)ホンダモーターサイクルジャパン・ウエストウッド井原商会・
ステーキケンタス・MUDOFF・ペイントショップヤマ・ウエストポイント・オフロードヴィレッジ・
モトクロスヴィレッジ・NS293・MX408・TEスポーツ・カミカゼスポーツ・レーシングチーム鷹・
スターキッチン・K.Design・ギャップダンサー・Kクラフト・マルエム商会・だーなか・モトハラ・
MotoRoman

8月24日   気温;23℃   天候;小雨

8月末のオフビレ・・・さぞや残暑厳しい中での開催になるかと思いきや、数日前から突然涼しい陽気になった関東地方であります。
レース当日の気温は23度ほど・・・熱中症の心配はないものの、朝から霧雨模様・・・またもやあいにくの天候の中での開催となりました。が、しか~し!前回の超シャバシャバマディを経験された皆さんにとっては、意外とどうってことない路面だったのではないでしょうか?これぞ経験のなせるワザ。併催「CAM-OFFクラス」の学生諸君も、いきなり立派な走りっぷりを見せてくれました。

今回のレース会場にも、ガエルネブーツでお馴染みのJapex様のブース展開をしていただきました。ガエルネユーザーの皆さんには特に心強いサービスですね!
さてここでニュースです!最終戦の大抽選会の際に、Japex様よりガエルネ製MXブーツをご提供いただけることになりました!これは感謝感謝です。ブーツ購入をお考えの方は、ぜひガエルネを!

前回に引き続き、造形社の内木場社長さんにもエントリーいただきました。「スタートだけはガンバらなくっちゃね・・・」と言っておられた内木場さんでしたが、なんのいぶし銀のごとき走りを披露してくれました。その活躍の様子は・・・レースレポートをご参照ください。
また稲垣編集長も来場され一緒にレースを盛り上げてくださると共に、最新のDS誌・Tシャツなど賞品も多数ご提供いただきました。ご多忙のところお越しいただき、本当にありがとうございました!

ではレースレポート、少しずつですがアップしていきます。

 

        乗る度に速くなる!!造形社の内木場さんと・・・・・DS稲垣編集長(^。^)

 

        今シーズン好調なIA2 星野優位くん Moto1モタードも只今ランキング1位

● ステップアップ Open
[HEAT1]
今大会のオープニングレース、#60石塚 章さん(BCG JAM#TI)・#78新井 謙太郎さん(ステーキ ケンタス)のホールショット争いからレースがスタートする。
1周目、石塚 章さん・#291石川 恵一くん(工学院大学KMCC)・新井 謙太郎さん・#47田口 益充さん(ギャップダンサー)・#31佐藤 清光さん(小池レーシング町内会)・#314加藤 季秋さん(ウィリー松浦ファミリー)・#171大滝 達也さん(BCG JAM#TI)・#74林 直樹さん(DIDウルフ+NISSIN二輪部)の順。
2周目、石川 恵一くんがトップに浮上。石塚 章さんとのトップ争いを展開する。後方からは加藤 季秋さんが堅実な走りで少しずつ順位を上げて来る。
中盤の4周目、トップの石川 恵一くんが後続にやや差をつけ始める。その後方では石塚 章さん・新井 謙太郎さん・加藤 季秋さん・田口 益充さんによる2番手争いがホットになる。
トップチェッカーは石川 恵一くん。2位石塚 章さん・3位加藤 季秋さん・4位田口 益充さん・5位新井 謙太郎さん・6位佐藤 清光さん

[HEAT2]
1周目、ホールショットからトップで戻って来たのは佐藤 清光さん。その後方を、石塚 章さん・新井 謙太郎さん・加藤 季秋さん・田口 益充さん・石川 恵一くん・林 直樹さん・大滝 達也さんと続く。
中盤の3周目、ヒート1のうっぷんを晴らすかのように佐藤 清光さんがトップを快走する。後方では石塚 章さん・加藤 季秋さんが2番手争い。新井 謙太郎さん・石川 恵一くんが4番手争いを繰り広げる。
続く4周目、加藤 季秋さんが2位へ、また石川 恵一くんが4位に浮上する。
このヒート、トップチェッカーを受けたのは佐藤 清光さん。2位加藤 季秋さん・3位石塚 章さん・4位石川 恵一くん・5位新井 謙太郎さん・6位林 直樹さん

[総合結果]
1位#291石川 恵一くん(工学院大学KMCC)
2位#314加藤 季秋さん(ウィリー松浦ファミリー)
3位#60石塚 章さん(BCG JAM#TI)
4位#31佐藤 清光さん(小池レーシング町内会)
5位#78新井 謙太郎さん(ステーキ ケンタス)
6位#47田口 益充さん(ギャップダンサー)

● MX85・ステップアップ85
[HEAT1]
気合いのホールショットから1周目をトップで戻って来たのは#54山口 浩治さん(MOTOR HOUSE R・D)。その後方を、#46須田 肇さん(MOTOR HOUSE R・D)・#8金久保 一夫さん(MotoRoman-K)・#135花房 勉さん・#1高橋 英治さん(ギャップダンサー)・#18大塚 美保さん(ギャップダンサー)・#83高橋 喜美代さん・#3上野 哲さん(バンザイダート)・#113小澤 恵治さん(BASE CAMP RT)・・・の順で続く。
2周目、トップでフィニッシュジャンプを越えた山口 浩治さんがリヤタイヤを滑らせ、ハイサイド気味に転倒。その脇をステップアップ85クラスの2人、金久保 一夫さん・花房 勉さんがすり抜けて行く。続いて高橋 英治さん・高橋 喜美代さん・須田 肇さん・上野 哲さん・小澤 恵治さん・大塚 美保さん・・・の順。
3周目、トップの金久保 一夫さんが一気にスピードを上げ、後続を引き離しにかかる。一方MX85クラスのトップには高橋 喜美代さんが上がり、さらには最後尾付近から着実に追い上げを図る#79菅原 文枝さんが、クラス4位へと順位を上げる。
終盤の5周目、トップ2は変わらず、金久保 一夫さん・花房 勉さんの順。続いて高橋 喜美代さん・菅原 文枝さん・須田 肇さん・上野 哲さん・小澤 恵治さん・高橋 英治さん・・・の順でまだまだ接戦が続く。
このヒートを制したのは金久保 一夫さん(ステップアップ85クラストップ)。2位花房 勉さん
MX85クラス1位高橋 喜美代さん・2位菅原 文枝さん・3位上野 哲さん・4位須田 肇さん・5位小澤 恵治さん・6位#311平山 宏樹さん・7位山口 浩治さん・8位高橋 英治さん

[HEAT2]
1周目、トップで帰って来たのは金久保 一夫さん。その後方を、花房 勉さん・山口 浩治さん・上野 哲さん・小澤 恵治さん・平山 宏樹さん・須田 肇さん・高橋 喜美代さん・・・の順で続く。
3周目、トップバトルは金久保 一夫さん・花房 勉さん・山口 浩治さんの3台。4番手を走るのは小澤 恵治さん。その後方5番手争いは、平山 宏樹さん・須田 肇さん・高橋 喜美代さん・#35杉山 佳子さん(S3RACING)・高橋 英治さん・菅原 文枝さん・大塚 美保さん・上野 哲さんらが接戦を展開する。
続く4周目、トップ争いは金久保 一夫さん・花房 勉さんの一騎打ちに!やや間をおいてMX85クラスのトップバトルは、山口 浩治さんと小澤 恵治さんの2台。後方の大バトルからは‘レインマイスター’のひとり、上野 哲さんがジワジワ上位へと上がって来る。
金久保 一夫さんがややリードして迎えた最終ラップの「すりばちコーナー」、チェッカー目前のこのコーナーで、トップの金久保さんがまさかの転倒~!なんと左のグリップがすっぽ抜けてしまったらしい・・・大笑いしながらグリップラバーを振ってアピールする金久保さん・・・(^^;
皆さんも、特に雨の日はグリップへのワイヤリングをお忘れなく。
大逆転でトップチェッカーを受けたのは花房 勉さん。2位金久保 一夫さん
MX85クラス1位山口 浩治さん・2位小澤 恵治さん・3位高橋 喜美代さん・4位須田 肇さん・5位上野 哲さん・6位菅原 文枝さん・7位杉山 桂子さん・8位高橋 英治さん

[総合結果]
MX85
1位#83高橋 喜美代さん
2位#54山口 浩治さん(MOTOR HOUSE R・D)
3位#113小澤 恵治さん(BASE CAMP RT)
4位#79菅原 文枝さん
5位#46須田 肇さん(MOTOR HOUSE R・D)
6位#3上野 哲さん(バンザイダート)
7位#1高橋 英治さん(ギャップダンサー)
8位#311平山 宏樹さん

ステップアップ85
1位#135花房 勉さん
2位#8金久保 一夫さん(MotoRoman-K)

● ビギナー
[HEAT1]
ホールショットからトップで帰って来たのは#10小野 幸彌さん。その後方を、#220吉本 英之さん(BCG JAM#TI)・#133野崎 敦さん(スピードメイツRC)・#217加藤 伸一さん(Assist RT)・#49秋山 輝好さん(縞猫)・#330清水 操さん(TEAM KAMIKAZE)・#17根岸 利昌さん(TU→JI→S)・#71神田 隆博さん(上州レーシング)・・・の順で続く。
3周目、トップを快走するのは小野 幸彌さん。その後方では吉本 英之さん・野崎 敦さん・加藤 伸一さん・清水 操さんが2番手争いを繰り広げる。
5周目、2位バトルは加藤 伸一さん・清水 操さん・吉本 英之さん・野崎 敦さんの順番に変わり、さらに熱いバトルへ!
独走のトップチェッカーは小野 幸彌さん。2位加藤 伸一さん・3位吉本 英之さん・4位清水 操さん・5位野崎 敦さん・6位神田 隆博さん・7位秋山 輝好さん・8位根岸 利昌さん

[HEAT2]
このヒートも小野 幸彌さんがトップでオープニングラップを通過。以下、吉本 英之さん・野崎 敦さん・加藤 伸一さん・秋山 輝好さん・#196矢澤 朋人さん・神田 隆博さん・根岸 利昌さん・・・の順。
中盤の3周目、小野 幸彌さんが独走態勢を築くことに成功。吉本 英之さん・野崎 敦さん・加藤 伸一さんも淡々と周回を重ねる。その後方では秋山 輝好さん・神田 隆博さんの2人が5位バトル、根岸 利昌さん・清水 操さんが7位バトルを展開する。
このヒートもトップチェッカーを受けたのは小野 幸彌さん。2位吉本 英之さん・3位野崎 敦さん・4位加藤 伸一さん・5位神田 隆博さん・6位秋山 輝好さん・7位根岸 利昌さん・8位清水 操さん

[総合結果]
1位#10小野 幸彌さん
2位#220吉本 英之さん(BCG JAM#TI)
3位#217加藤 伸一さん(Assist RT)
4位#133野崎 敦さん(スピードメイツRC)
5位#71神田 隆博さん(上州レーシング)
6位#330清水 操さん(TEAM KAMIKAZE)
7位#49秋山 輝好さん(縞猫)
8位#17根岸 利昌さん(TU→JI→S)

● 超ビギナー

[HEAT1]
2スト250のトラクションの良さを活かし、抜群のスタートダッシュを見せたのは、#298伊藤 啓太さん(M&M)。勢いそのままに1周目をトップで戻って来る。その後方を、#163内木場 博美さん(ダートスポーツは毎月24日発売)・#181宮崎 昭夫さん(マイウェイ)・#41森口 公大さん・#250後藤 貴さん(チーム後藤)・#241藤原 純司さん・・・の順でチェッカーラインを通過する。
3周目、順調にトップを走行していた伊藤 啓太さんであるが、転倒により惜しくも順位を落とす。その間にトップに浮上したのは、大ベテランの宮崎 昭夫さん!そのやや後方では内木場 博美さん・後藤 貴さんの2人が2位争いを展開し、藤原 純司さん・#187小野 孝夫さん(チームDRAEMON)・森口 公大さん・伊藤 啓太さん・・・と続く。
レース終盤にかけてもベテラン2人のペースが乱れることはなく、上手なライン選びとアクセルワークで颯爽と周回を重ねてゆく。
堂々のトップチェッカーは宮崎 昭夫さん。2位内木場 博美さん・3位後藤 貴さん・4位藤原 純司さん・5位森口 公大さん・6位#295飯島 敏之さん(BASE CAMP RT)・7位伊藤 啓太さん

[HEAT2
このヒートも抜群のスタートダッシュを決めたのは伊藤 啓太さん。仲間たちの大声援を受けながらの力走を見せる。
しかし1周目をトップで戻ってきたのは内木場 博美さん!以下、伊藤 啓太さん・宮崎 昭夫さん・#121田中 陽一さん(TU-JI-S)・藤原 純司さん・#190永井 亨さん(チームDRAEMON)・・・という順番で通過。
2周目、またしてもベテラン2人がトップグループを形成。3位以下の若者たちを置き去りにするほどのペースで順調に周回する。
終盤もトップ2は変わらず、各コーナーでビミョーに牽制などしつつ、ホットでクールなバトルを繰り広げる。その後方では田中 陽一さんと藤原 純司さんによる3番手争いが展開される。
競り合いを制しトップチェッカーを受けたのは内木場 博美さん。2位宮崎 昭夫さん・3位田中 陽一さん・4位藤原 純司さん・5位伊藤 啓太さん・6位森口 公大さん・7位小野 孝夫さん
[総合結果]
1位#163内木場 博美さん(ダートスポーツは毎月24日発売)
2位#181宮崎 昭夫さん(マイウェイ)
3位#241藤原 純司さん
4位#121田中 陽一さん(TU-JI-S)
5位#250後藤 貴さん(チーム後藤)
6位#41森口 公大さん
7位#298伊藤 啓太さん(M&M)

☆規定により、総合優勝の内木場 博美さんはこのクラス卒業です。おめでとうございます!次戦からはビギナークラス以上のレースにチャレンジしてください。

● CAM-OFFビギナー
各チーム名は学校の略称になっています。学校名は以下の通りです。
CITMC;千葉工業大学
H-TEC Racing;ホンダテクニカルカレッジ関東
KMCC;工学院大学
MIT-MCC;武蔵工業大学

[HEAT1]
1周目、ホールショットで飛び出した#414渡辺 貴司くん(CITMC)を先頭に、#402畠中 祐也くん(H-TEC Racing)・#430山口 大輔くん(KMCC)・#403戸井田 渉くん(H-TEC Racing)・#401駒木 俊くん(H-TEC Racing)・#404城戸 孝文くん(KMCC)・#408西田 聡史くん(KMCC)・#413吉井 元輝くん(CITMC)・・・の順でレーススタート。
中盤の3周目、トップの渡辺 貴司くんはぐいぐいリードを広げてゆく。以下、駒木 俊くん・山口 大輔くん・畠中 祐也くん・城戸 孝文くん・西田 聡史くん・吉井 元輝くん・・・の順。
続く4周目のフィニッシュライン直前で、トップの渡辺 貴司くんがスリップダウン!(あちゃ~、やっちゃいましたぁ~)的な照れ笑いをしながらも、序盤のリードがあるので慌てず騒がず、バイクを起こして再びトップでレースに復帰する。
トップでチェッカーを受けたのは渡辺 貴司くん。2位駒木 俊くん・3位山口 大輔くん・4位吉井 元輝くん・5位畠中 祐也くん・6位城戸 孝文くん・7位#400量山 真行くん(H-TEC Racing)

[HEAT2]
このヒートもホールショットからレースをリードするのは渡辺 貴司くん。その後方を、吉井 元輝くん・量山 真行くん・畠中 祐也くん・山口 大輔くん・城戸 孝文くん・西田 聡史くん・・・の順で続く。
中盤の3周目、トップの渡辺 貴司くんは独走状態を築く。後ろでは量山 真行くん・畠中 祐也くん・吉井 元輝くん・山口 大輔くん・城戸 孝文くんらが接戦を繰り広げる。
このヒートもトップでチェッカーを受けたのは渡辺 貴司くん。2位量山 真行くん・3位吉井 元輝くん・4位山口 大輔くん・5位畠中 祐也くん・6位西田 聡史くん・7位#407相良 裕くん(KMCC)

[総合結果]
1位#414渡辺 貴司くん(CITMC)
2位#413吉井 元輝くん(CITMC)
3位#430山口 大輔くん(KMCC)
4位#400量山 真行くん(H-TEC Racing)
5位#401駒木 俊くん(H-TEC Racing)
6位#402畠中 祐也くん(H-TEC Racing)
7位#408西田 聡史くん(KMCC)
8位#404城戸 孝文くん(KMCC)


● OVER20/30

[HEAT1]
#61永関 努さん(STRAY DOGS)の鮮やかなホールショットからレースがスタート。
1周目、その永関 努さんをトップに、#31佐藤 清光さん(小池レーシング町内会)・#52松崎 守雄さん(ランマ)・#143内田 昌彦さん(M&M)・#262関田 崇さん(ウィリー松浦ファミリー)の順でコントロールラインを通過する。
レース中盤の3周目、トップ争いは永関 努さん・佐藤 清光さんの2台に絞られる。
レース終盤、永関 努さんが後続にややリードを付ける。
今回もバツグンに速かった永関 努さんがトップチェッカー。2位佐藤 清光さん・3位内田 昌彦さん・4位関田 崇さん・5位松崎 守雄さん

[HEAT2]
1周目、永関 努さんがトップ。その後方を、佐藤 清光さん・関田 崇さん・松崎 守雄さん・内田 昌彦さんと続く。
2周目、ヒート1と同様にトップ争いは永関 努さん・佐藤 清光さんの2台。やや離れて関田 崇さん・松崎 守雄さんによる3位争いも展開される。
このヒートもトップチェッカーは永関 努さん。2位佐藤 清光さん・3位関田 崇さん・4位松崎 守雄さん・5位内田 昌彦さん

[総合結果]
OVER30
1位#61永関 努さん(STRAY DOGS)
2位#31佐藤 清光さん(小池レーシング町内会)
3位#262関田 崇さん(ウィリー松浦ファミリー)
4位#143内田 昌彦さん(M&M)
5位#52松崎 守雄さん(ランマ)


● OVER40/50

[HEAT1]
ホールショットで飛び出したのは、#117佐野 泰弘さん(ジュニアライダース)。
しかし1周目をトップで戻って来たのは、久々レース復帰の#100岡安 孝雄さん(YOU SPORT)。その直後を、#78新井 謙太郎さん(ステーキケンタス)・佐野 泰弘さん・#45木暮 栄一さん(Yamaden&MotoCafe)・#213小池 正明さん(小池レーシング町内会)・#30元吉 直樹さん(縞猫)・#97大橋 大介さん(縞猫)・#150津田 順一さん(もとしょっぷ神楽坂RC with kentas)・・・と続く。
3周目、岡安 孝雄さんはやっぱり速い!あっという間に後続とのアドバンテージを広げる。続く2番手争いは、新井 謙太郎さん・木暮 栄一さん・津田 順一さんの3台。
続く4周目、新井 謙太郎さんが痛恨のミス。その間に木暮 栄一さん・津田 順一さんによる2番手バトルがヒートアップする。後方を小池 正明さん・元吉 直樹さんが続き、#158松岡 峰弘さん(S.E.R))・大橋 大介さん・#171大滝 達也さん(BCG JAM#TI)らが上位進出を目指して接戦を繰り広げる。
レース終盤の5周目、前回同様、津田 順一さんが2番手に上がり、木暮 栄一さんとのライバル対決が、さらにさらにホットな展開を見せる。その後方からは大滝 達也さんがスピードに乗った走りで順調に順位を上げる。
トップチェッカーは岡安 孝雄さん。2位(OVER40クラストップ)津田 順一さん・3位木暮 栄一さん・4位小池 正明さん・5位大滝 達也さん・6位元吉 直樹さん・7位大橋 大介さん・8位(OVER50クラス2位)松岡 峰弘さん

[HEAT2]
大外からのスタートながら、うまくスピードに乗せて岡安 孝雄さんがホールショット。そのままトップを走りオープニングラップを飾る。その直後を、津田 順一さん・木暮 栄一さん・#4北原 伸さん(BCG JAM#TI)・佐野 泰弘さん・新井 謙太郎さん・小池 正明さん・大橋 大介さん・元吉 直樹さん・大滝 達也さん・・・と続く。
3周目、トップ独走は岡安 孝雄さん。2位バトルは津田 順一さん・木暮 栄一さん。北原 伸さんが4番手を走り、大滝 達也さん・新井 謙太郎さんが5番手争いを展開する。
このヒートもトップチェッカーは岡安 孝雄さん。2位津田 順一さん・3位木暮 栄一さん・4位大滝 達也さん・5位新井 謙太郎さん・6位元吉 直樹さん・7位大橋 大介さん・8位#3上野 哲さん(バンザイダート)

[総合結果]
OVER40
1位#150津田 順一さん(もとしょっぷ神楽坂RC with kentas)
2位#45木暮 栄一さん(Yamaden&MotoCafe)
3位#171大滝 達也さん(BCG JAM#TI)
4位#30元吉 直樹さん(縞猫)
5位#213小池 正明さん(小池レーシング町内会)
6位#97大橋 大介さん(縞猫)

OVER50
1位#100岡安 孝雄さん(YOU SPORT)
2位#78新井 謙太郎さん(ステーキケンタス)
3位#158松岡 峰弘さん(S.E.R)

● 初レディー/速レディー/OVER60/ツインショック
[HEAT1]
今回ホールショットからトップで戻って来たのは、ニューマシンでの参戦となる#188白井 順子さん。その後方を、#83高橋 喜美代さん・#244上岡 登さん(チーム マイウェイ)・#58花房 謹さん・#199木村 豊さん(木村レーシング ‘79RM250)・#79菅原 文枝さん・#18大塚 美保さん(ギャップダンサー)・#71神田 隆博さん(上州レーシング ‘73TM125)・#50田中 満男さん(スピードメイツRC)・#73竹ノ内 幹雄さん(ステーキ ケンタス)・#144内田 亜也加さん(M&M)・#184池永 薫さん(TEAMアバンテージュ)・#286清水 たくみさんの順で通過する。
2周目、トップ争いは白井 順子さんと高橋 喜美代さん。続く3番手争いは、大ベテランの上岡 登さん・花房 謹さんのお2人。速レディーの菅原 文枝さん・大塚 美保さんを間にはさんで、ツインショックの木村 豊さん・神田 隆博さんのライバル対決も熱い。また、この周回で初レディークラスの清水 たくみさんはリタイヤ・・・始めたばかりでのマディコンディションは、さすがにきついですね・・・ご主人に優し~く教えてもらってください♪
続く3周目、トップバトルは変わらず、白井さんが前を走る。3番手争いは、花房 謹さん・上岡 登さんの順に変わる。そのすぐ後ろで健闘していた菅原 文枝さんであったが、マディに行く手をはばまれ、順位を下げてしまう。が、持ち前のスピードで前のライダーたちを追いかける。さらにその後方では、竹ノ内 幹雄さんと初レディーの内田 亜也加さんが淡々とマイペースでの走行を続ける。
トップチェッカーを受けたのは白井 順子さん。以下、高橋 喜美代さん・花房 謹さん・上岡 登さん・木村 豊さん・神田 隆博さん・菅原 文枝さん・大塚 美保さん・田中 満男さん・竹ノ内 幹雄さん・内田 亜也加さん・池永 薫さんの順でレースが終了。

[HEAT2]
このヒートも気迫あふれるホールショットからトップで戻って来たのは白井 順子さん。その後ろを、大塚 美保さん・高橋 喜美代さん・菅原 文枝さん・木村 豊さん・田中 満男さん・神田 隆博さん・花房 謹さん・池永 薫さん・竹ノ内 幹雄さん・内田 亜也加さんの順で続く。上岡 登さんは上位グループで飛び出したものの、コース中ほどでマッドの餌食となってしまい、残念ながらリタイヤ・・・。昼休みに降った雨の影響で、清水 たくみさんはDNS。
レース中盤の3周目、トップの白井 順子さんは、ミズスマシのごとく巧みなライディングで独走状態を築く。2番手は高橋 喜美代さん。そして神田 隆博さんが3位にジャンプアップ!
レース終盤の4周目、シャバシャバ路面でプラグリークしたか、木村 豊さんのマシンがグズり始める・・・。初レディーの池永 薫さんは、マディ路面のコツをつかんだか、順調な周回を続けている。
このヒートもトップチェッカーを受けたのは白井 順子さん。続いて高橋 喜美代さん・神田 隆博さん・田中 満男さん・大塚 美保さん・池永 薫さん・花房 謹さん・菅原 文枝さん・木村 豊さん・竹ノ内 幹雄さん・内田 亜也加さんの順でチェッカーが振られた。

[総合結果]
OVER60
1位#58花房 謹さん
2位#50田中 満男さん(スピードメイツRC)
3位#73竹ノ内 幹雄さん(ステーキ ケンタス)
4位#244上岡 登さん(チーム マイウェイ)

ツインショック
1位#71神田 隆博さん(上州レーシング ‘73TM125
2位#199木村 豊さん(木村レーシング ‘79RM250))

速(ファスト)レディ
1位#188白井 順子さん
2位#83高橋 喜美代さん
3位#18大塚 美保さん(ギャップダンサー)
4位#79菅原 文枝さん

初(うぶ)レディ
1位#184池永 薫さん(TEAMアバンテージュ)
2位#144内田 亜也加さん(M&M)
3位#286清水 たくみさん(チーム清水)


● Age Open/ベテラン
今回スペシャルゲストとして、国際A級の星野 優位選手(SEKI Racing Moto Roman)にも参加してもらいました。賞典外なので以下のレポートには登場しませんが、ヨンゴーパワーを活かしてのホールショットから見事な走りを披露してくれました。
またレース前日にスクールを開講していただいた#130伊田 井佐夫さん(チームカミカゼ)は、そのあとバリバリ仕事だったようで、寝不足と準備不足のため、残念ながら今回は欠場となりました。しかしレース会場には来られて、スクールを受けたライダーたちへの細かいアドバイスや激励をしてくれていました。
お二人ともご多忙のところ、本当にありがとうございました!
[HEAT1]
オープニングラップをトップで帰って来たのは、#235関 幸治さん。その後方を、#47田口 益充さん(ギャップダンサー)・#61永関 努さん(STRAY DOGS)・#60石塚 章さん(BCG JAM#TI)と続く。
2周目永関 努さんが2番手に浮上。トップの関 幸治さんを捕らえるべく追走する。
トップチェッカーを受けたのは関 幸治さん。2位永関 努さん・3位(Age Openクラストップ)田口 益充さん・4位石塚 章さん

[HEAT2]
渾身のホールショットからトップで帰って来たのは永関 努さん。その後方を、関 幸治さん・田口 益充さん・石塚 章さんと続く。
2周目、またしても関 幸治さんがトップへ!永関 努さんとのトップバトルが展開される。Age Openクラスのトップ争いも田口 益充さん・石塚 章さんの順で繰り広げられる。
4周目、トップ争いは変わらず。後方のライバル対決は、石塚 章さんが一歩先に出る。
このヒートもトップチェッカーは関 幸治さん。2位永関 努さん・3位(Age Openクラストップ)石塚 章さん・4位田口 益充さん

[総合結果]
ベテラン
1位#235関 幸治さん
2位#61永関 努さん(STRAY DOGS)

Age Open
1位#60石塚 章さん(BCG JAM#TI)
2位#47田口 益充さん(ギャップダンサー)

 



WER R-8 終了時のチームポイント TOP12を発表します!

①BCG JAM#TI                    1608P
②チームケンタス                  1171P
③縞猫                                 1082P
④ギャップダンサー                1077P
⑤バンザイダート                     968P
⑥STRAY DOGS                    655P
⑦BASE CAMP RT                 614P
⑧Motor House R.D                564P
⑨小池レーシング町内会         552P
⑩GCR                                   434P
⑪Yamaden&MotoCafe          390P
⑫スピードメイツRC                 346P


 

CAM-OFF 学校別獲得ポイントを発表します!

①工学院大学

R-1 44P  R-2 205.5P  R-3 215P  TOTAL 464.5P
②ホンダテクニカルカレッジ関東校
R-1 74P  R-2 206.5P  R-3 124P  TOTAL 404.5P
③千葉工業大学
R-1 41P  R-2 188P  R-3 88P       TOTAL  317P
④芝浦工業大学
R-1 26P  R-2 209P                     TOTAL   235P
⑤武蔵工業大学
R-1 0P  R-2 112P  R-3 19P         TOTAL  131P
⑥つくば自動車整備専門学校
R-1 75P                                      TOTAL     75P
⑦東京工芸大学
R-1 22P  R-2 36P                        TOTAL    58P
⑧日本大学
R-1 14P                                      TOTAL     14P
⑨法政大学
R-3  9P                                       TOTAL     9P
⑩東京工科専門学校
R-1 6P                                        TOTAL     6P

 


 

 

表彰式(^.^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に楽しい一日でした・・・皆さんの笑顔~最高(^.^)/